認知症は今では予防してしまおうという考え方がメインとなっています。そんな中、ゲンキの時間「生活習慣の改善」が予防に効果的と言われています。生活習慣の中でも、「タバコ」が身体に悪い影響を与えるというのは周知の事実です。ゲンキの時間でも、当然認知症のリスクも高まると思われていました。やはり、認知症対策に効果的なのは、「禁煙」かと考えられます。「禁煙」をすることで、認知症予防以外にも身体にいいことがたくさんあります。「禁煙」に関しては、一日に吸っていたタバコの本数、喫煙していた年月によって個人差があるかと思いますが、体力の回復が見込めます。そのことにより、認知症予防につながることが考えられます。他には、「運動」によって認知症が予防できるかと思われます。一日30分の運動を続けることで、認知症予防の効果は出てきます。現代の生活は車など乗り物の発展に伴って、ゲンキの時間で若い人からお年寄りまで運動不足の方が増えています。予防に関して重要なのは、続けることです。運動も一時的なものではなく、継続することが認知症の予防には重要となってきます。認知症は日頃の運動量と深く関係しています。ただし、中年以降になっていきなり激しい運動をすると心臓への負担や、活性酸素を増加させてしまうことにもなり、認知症のリスクを高めてしまうためおススメできません。運動といっても何か特別なゲンキの時間のスポーツを行なうのではなく、歩く習慣を身につけるなど生活の中に無理なく組み込める方法を選ぶのがいいかと思います。理想は1日30分以上の運動です。といっても、近所のスーパーへ歩いて買い物に行く、最寄りのバス停のひとつ前で降りて1区間分を歩く、出来るだけエスカレーターやエレベーターは使わず階段を上るなど、日常のちょっとした心がけで出来る範囲の運動で十分かと思います。このようにして、認知症対策を「予防」という観点からしていくのが効果的かと思われます。

 

http://xn--u9jxgoa4x366usl1co0b.xyz/