会社の発展には、お金の循環が欠かせません。出ていくお金と、入ってくるお金の流れが、会社を発展に導いています。特に創業当初は月末の支払いや経費など、資金繰りに余裕が無いことも多く、事業資金に関する悩みは尽きません。そんな時に銀行から事業資金の融資を受けるというのは一つの解決策と言えます。ですが、運転のめどがたっていない、立ち上げたばかりの会社は、融資を受けにくいものです。事業資金を調達したいけれど、会社ができたばかりで借り入れ先が見つからない場合、制度融資という方法があります。事業資金を必要としており、金融機関からの融資を希望する企業は、地方自治体及び信用保証協会の制度融資が適しています。制度融資の保証人は、信用保証協会となります。保証人がいれば、高額の融資を受けることがでるので、事業資金を確保することができます。制度の中には災害時の支援や業況悪化支援などもありますが、事業実績の少ない場合でも利用できる創業支援があります。創業支援は、創業間もない中小企業に対し事業資金を低金利で貸し付ける制度となっています。制度融資の内容は、各地方自治体によっても違いがありますので、金利や審査は一律なものではありませんが、銀行などの金融会社に直接借りるより、条件は良くなります。綿密な事業計画書を作らなくても、融資の申し込みはすることができますので、経営者の人も負荷になりすぎずに済みます。始めのうちはお金の流れも滞りがちになりますが、事業資金の融資を利用するなどして、会社の存続を目指すといいでしょう。デオエース 通販